モノが売れないと言われる時代に消費を研究している人のブログ

広告会社で、消費について研究して発信しているサラリーマン(広告会社なのに、もらった名刺の肩書が「研究員」になっていてびっくりした笑)のブログです。

ナポリ…ではなく、リサイクルの現場を見てから死ね

ナカダイという、主にB2Bリユース・リサイクルを行っている会社がある。(正確な内容はURLをご参照ください↓ )

ホーム | 株式会社ナカダイ

 

その会社の主催する「産廃サミット」なるものに行ってみた。

f:id:shouhiblog:20180408224811j:plain

 

場所はナカダイの工場のある群馬県前橋。

日頃、路線図を眺めながら「きっと人生で一度も両毛線に乗ることはないだろうなあ…」とか、「新海誠秒速5センチメートルにも出てきたけど、一体どこを走ってるんだろう…」等と思っていたのだが。

まさか、その両毛線に乗る日が来ようとは…。

 

(ちなみに、両毛線に乗ろうとしたら発車時刻前なのにドアが閉まっていて焦りました。なんと、両毛線は、ドアの開閉が押しボタン式の電車。関東にもそんな電車が走ってるのだと驚きました。本日は割と寒かったので、開閉式なのが大変ありがたかった…)

 

ナカダイの行っているのは、産業廃棄物を引き取って、「素材」や燃料を作ること。

金属片を引き取って、下記のような再利用しやすい素材に加工したり…

f:id:shouhiblog:20180408224806j:plain

生産や流通で出てくるプラスチックなどのゴミ、余剰生産分を燃料にしたり…

 

一部、粗大ゴミなども集め…

f:id:shouhiblog:20180408224809j:plain

使える部分は、こんな形で燃料に加工するそうだ。

f:id:shouhiblog:20180408224804j:plain

 

ナカダイのリサイクルは大変質が良いそうで、純度の高い素材を作っているそうだ。

その質の高さを叶えているのが、人の作業。

 

工程を聞いて、驚いた。

例えば、椅子をリサイクルするのに、ネジとスチールの脚と、座面のスポンジと、フレームのプラスチックと…というように全ての部材を種類ごとに分解するそうなのだ。

また、燃料に加工する際に、出荷先に合わせて調合・配分を変えることもあるそうだ。(あえて純度を低くして、高温になり過ぎない燃料を作ったり)

 

廃棄物をここまで丁寧にリサイクルできるものなのかと感心する一方で、

はて?

 廃棄物を回収するのに運搬して、人の手を使って丁寧に分別して、素材にして、また出荷して…

どれだけの手間暇がかかってるのだろう?

 

おそらくだが、同質の廃棄物を大量に集めるのも難しいし、

定量が揃うまで保管したり…といった、

他にも様々な手間がかかっていると思われるのだ。

 

そして、企業はそういったコストを払いながら製品をつくり、

生活者もそうしたコストを払って製品を使っている。

 

はて?

途方も無い無駄では…?

 

もちろん、現在の便利な生活はそうした無駄の上に成り立っていると思うのだが、現場を目の当たりにすると、その無駄さ加減に絶句した… 今までペットボトルの蓋を外さずに捨てていてすみませんでした…

 

ナカダイは、美術大学のデザイン科や、企業に「捨てるデザイン」のレクチャーを行ってもいるそうだ。考えてみれば、デザインや開発、生産の段階で、廃棄分の少ないデザインや分解のしやすいデザインにしておけば一番いい。

(思えば、先日、クーラーが壊れたので修理を依頼したら、来てくれた技術者の人がウンウン唸りながら部品を外そうとして、割ってしまったことがあった。メーカー技術者の人ですら分解不可能、修理不可能なデザインって何なんだろうか…とその時も思った)

商業視察8 ルクアフードホール

大阪にあるルクアフードホールの内覧会に行ってきた。

 

一般的なフードホールとは、アメリカで流行っている業態を指し、いってみれば「高感度なフードコート」なんだそうだ。このフードホールは、大阪駅の駅ビルにある。駅のフードホールならではの取り組みがあるのではと期待大で訪問。

 

独立した飲食店もあるが、メインと思われるのはこのキッチン&マーケット。

f:id:shouhiblog:20180401011547j:plain

 

大阪らしく串カツ屋のデリがあったり、

f:id:shouhiblog:20180401011626j:plain

 

サラダバーがあったり、

(ニューヨークのホールフーズにもこんな感じのサラダバーがありましたが、ここはワンコイン500円なのが嬉しい。ホールフーズは量り売りだから予想がつかずドキドキしましたよ…。定額で、迷わせないのは駅ビルならではかも。)

f:id:shouhiblog:20180401011555j:plain

 

もちろん忙しい人のためにgrab&goのパックのデリやサラダもあり、

(これも駅ならではですね)

f:id:shouhiblog:20180401011617j:plain

 

で、買ったものを食べるスペースも充実して…と思ったら、店舗面積の割にはそんなに広くない。人の多い駅の施設だし、すぐ埋まってしまいそうな席数。

f:id:shouhiblog:20180401011552j:plain

 

 

さらに進んでいくと…量り売りで買えるお菓子…?

しかも、イータリーやリンツ・チョコレートのような一粒のチョコではなく、チョコボールブラックサンダー等そのまま市販されているものも…

f:id:shouhiblog:20180401011607j:plain

 

ご当地インスタント…??

f:id:shouhiblog:20180401011619j:plain

 

ミニチュアボトルのお酒…???

f:id:shouhiblog:20180401011611j:plain

 

鮮魚と精肉…????

f:id:shouhiblog:20180401011601j:plain f:id:shouhiblog:20180401011543j:plain

 

大阪駅の駅ビルにできたフードホールなので、ビジネスパーソンのランチ、ディナー需要を狙っているのかと思ったけれども、それだけでも無さそう。今回は内覧会だったので、利用シーンが見れなかったのが残念。どのような利用のされ方になるのか、また行ってみて、レポートしたい。

メタ観光が来るという話

「メタ観光」って知ってますか?

google先生に聞いても3ページ以内には出てこないこの言葉。(2018.3.31 21:30現在)

 

政策分析ネットワークシンポジウムに行ってきた人の話によると、「メタ観光」が来るらしいのだ。

 

君の名は。」「ガールズ&パンツァー」など、アニメをはじめとした聖地巡礼が新しい観光のスタイルとして注目されているそうだ。インバウンドのなんと4.8%もが聖地巡礼と言われているらしい…(どの市場の4.8%なのかはわからないのだが…)

こうした聖地巡礼の特徴はなんだろうか。名所、史跡は地図に載るが、「三葉が登下校で通っていた道」などは地図に載らないし、ポケモンGOの「ケンタロス」や「ヘラクロス」がどこでゲットできるかgoogle mapは教えてくれない。これまでの観光と違い、コンテンツという現実にはないものが観光のひとつの目的となっている。現実の土地というレイヤーの上に、アニメやゲームの世界というレイヤーが重ねられる。つまり「メタ観光」というわけなのだ。ポケモンGOのようなARや、聖地について共有・拡散できるSNSなどのツールが普及したことが、新たな観光につながった。

 

ところで、(本当に、ところで、)フィリップ・ジョンソンのガラスの家は、ミース・ファン・デル・ローエのファンズワース邸のスケッチをもとに発想されたと言われている。ガラスの家には、キュレーターであり巨万の富を手にしたフィリップ・ジョンソンが選んだ本物の美術品が並んでいたそうだ。その中で、一点だけ、偽物であることが判明した作品があったのだが、彼はそれをもっとも気に入り大切にしていたという。それは何故か? それは、その作品が偽物だったことで、「情報の時代」の到来を象徴していると感じたからだという。精巧に作られた偽物は、モノ自体は本物と変わらないモノである。しかし、本物は価値があると判断され、偽物は無価値と判断される。モノがほぼ変わらないのであれば、本物と偽物との差は何か。それが情報であり、情報で価値が変わるというのだ。(なお、この一連の話はかつて某大学院の授業にて聞いた話。うろ覚えの部分もあるので多少誤っているかもしれません)考えてみれば、フィリップ・ジョンソンの職業であるキュレーターは、美術品に意味づけ=情報を付加することで、価値をつける仕事だといえる。”本物”の建築家であるミースのファンズワース邸に似たガラスの家の中で、”偽物”の作品を大事にしたフィリップ・ジョンソン

 

先のメタ観光と、上記はまったく違う分野の話だが、両者とも情報にこそ価値があることを示唆している。

 

ここまでで、メタ観光が盛んになっている、情報に価値がある、ということはわかった。でも、旅行者を呼びたい地域はなにをすればいいのか?そのシンポジウムでは明確な解はなかったらしい。私たちの研究所でも、研究テーマとして、聖地巡礼をとりあげようと考えていたことがある。しかし、少し調べてみてわかったことには、アニメの舞台となる土地は作者の居住地であったり、現実の土地をモデルにしても流行るアニメもあれば、流行らないアニメもある。アニメやゲームには成功の方程式はないだろうし、プロダクトプレイスメントのように計画的に土地を舞台にしても、流行らない(と思う。提供側の意図なんて見透かされるものだし、生活者にとっては意図的なものは興ざめなものです) 計画的に聖地巡礼を作り出すことは難しい。できることといえば、聖地になった土地が巡礼を活性化することくらいだと思う。ただ、それも十分にはできていないだろうから、そこから始めればいい。

 

<蛇足>

おととし参加した都市計画学会にて、インスタ映えするスポットや、撮影に最適なスポットを可視化する研究が発表されていた。たとえば、これまではスカイツリー自体を観光名所として紹介していたが、足元ではスカイツリー自体はうまく撮影できない。実際に、実はスカイツリーは、墨田川の対岸から撮影されることが多いそうだ。であれば、撮影スポットのデータを収集して、観光マップ化したらいいのではないかというアイデアだった。「観光」が、現実のモノ・場を観るのではない「観る」行動になってきていると感じる。

前から来る人がものすごく独り言いってるなと思ったらハンズフリー電話だった、ことから考えてみた

ハンズフリーで電話している人が増えている気がする。街中で大声で独り言いってる人がいるなと思うと、だいたいハンズフリーで電話している人なのだ。それでちょっと面白いことに気づいた。(今更~な話かもしれませんが) 今まで、街中で人とすれ違うと、目が合ったりして、なんとなく気まずい気持ちになった。ケータイで話すとき、近くに人がくると口元に手を添えたりした。でも、ハンズフリーで電話する人とはすれ違っても目が全く合わないし、隣合って立っても彼らの声量は小さくなることがない。

それは、ハンズフリーで電話する人が、イヤホンで周囲への意識をシャットアウトして、さらに電話先のほうに意識が向いてるからだと思う。なので、その場にいても意識はその場にない。そのような人が集まる場を想像すると、興味深い。ふつう、人が集まるというと、ライブやフェスなり、カープ女子なり、渋谷のハロウィンなり、同じ場所にいて目的とか意識を共有する。しかしハンズフリーで電話する人が集まれば、場を共有しているのに意識は共有しておらず、「みんな」でいるのに「バラバラ」になる。空間の共有と連帯意識とが一致しないことが起きるのだ。これから、スマートグラスほかパーソナルメディアを着用することが普通になったら、ますますその傾向が強まるのではないか。

 

で、そうした体験を経て改めて南後先生の「ひとり空間の都市論」を読み返してみると…

・~何らかの仕切りによって、「ひとり」である状態が確保された空間を、総じて「ひとり空間」と呼ぶことにする。(中略)都市の「ひとり空間」は、物理空間のみならず、メディアを介して形づくられ、経験されるという側面をもっている。

・中根千枝は、明治期以降の日本社会は、家、学校・会社などの集団・組織の「ウチ」での一体感や帰属意識が強い分、集団・組織間の関係は希薄で互いにバラバラに存在していること、すなわち集団・組織の「ソト」に出ると個人は孤立性を高める傾向にあると指摘した

・仕切りは、ウチとソトの境界を明確に遮断するのではなく、ゆるやかに仕切る装置であるとともに、社会的諸関係を調整するフィルターなのである。

・ホールは、日本人は音響的には座敷での宴会のように襖一枚あれば他者を気にしないにもかかわらず、「視覚的にはいろいろな方法で遮断をおこなう」と述べた。

ウォークマンの装着とは、都市空間から一旦閉じながら、自らのみに開かれた領域として都市空間を領有する試みなのである。

…という指摘があって、都市という多数の人がいる場・集まる場における、日本人の振る舞いは、これまでも「ひとり」が多かったのだが、これからさらに「ひとり」化していくことが想像された。

 

そうした時代が来るなら、人の集まる場、集客のあり方も変えなければいけないのかもしれない。誰かと共有しているリアルな場では「ひとり」なんだけど、実は、通信とか情報のうえでは誰かと意識を共有する「みんな」状態になるかもしれない。リアルな場と、情報の場と、両方セットで<集まる>ことを考える時代なのかと感じた。

商業視察7 RELIFE STUDIO FUTAKO から考える店舗の近い将来について ~ショールーム化する店舗~

リニューアルした二子玉川 蔦屋家電に行ってきた。

 

CCCの取組にはいつも驚かされる。TSUTAYA BOOK APARTMENTも、TSUTAYAとコラボしたマンションにもびっくりしたが、この蔦屋家電にもびっくりした。TSUTAYA BOOK APARTMENTは新宿の一等地ともいえるような場所で、非常にゆとりのあるワークスペースを提供している。マンションでは、本のあるコミュニティスペースを運営。いずれも、これまでのレンタルや小売とは相当離れたビジネスモデルだが、蔦屋家電も斬新なビジネスモデルになっていた。

というのは、蔦屋家電二子玉川ライズのテナントのはずなのだが、その蔦屋家電の中にさらにテナントともいうべきものが入っていたのだ。これまで以上に。

 

目玉はパナソニックのショウルームである「RELIFE STUDIO FUTAKO」

www.panasonic.com

テナントとしてショウルームを入れているといえると思うのだが、それをこのような東京のショッピングセンターでやってしまうことがすごい。従来のショッピングセンターでは、売上に連動してテナント賃料が決まるので、売上のいい物販テナントをなるべく入れようとしていた。リニューアル前の蔦谷家電もちょこちょことテナントが入っていたようだが、リニューアル後は半分以上がテナント=ショウルームになっているんじゃないかと思われた。(正確なところはわかりませんが…) 従来の小売を前提とした店舗のあり方から、完全に脱却している様子。

f:id:shouhiblog:20180313232937j:plain f:id:shouhiblog:20180313232953j:plain f:id:shouhiblog:20180313233005j:plain f:id:shouhiblog:20180313233027j:plain f:id:shouhiblog:20180313233033j:plain

近年、モノが売れないと言われるように(本ブログのタイトルにもしていますが)、物販の売上ありきでショッピングセンターを運営するのは、そろそろ厳しくなってきている。ではモノを売らない「ショッピングセンター」は何になれるのか?

私の周辺では(でも)、その1つの解は「ショウルーム」なのではないかと言われていた。売場としての価値ではなく、店舗を媒体・メディアとしてみてしまうのだ。この蔦谷家電はまさにそれを体現していると思う。近い将来の店舗はショウルーム化するのではと予想していたが、こんなにも早く実現してしまうとは思わなかった。

 

さらに、びっくりしたのは、その「ショウルーム」を実現するための集客装置として、人の居所・居場所となる場を提供していることだ。私の最近の研究でも、「ショッピングセンターは居場所」となるべきだと発表したのだが、それも体現されている。

f:id:shouhiblog:20180314092718j:plain f:id:shouhiblog:20180313233015j:plain f:id:shouhiblog:20180313233001j:plain f:id:shouhiblog:20180313233011j:plain

まるで、自宅のリビングルームにいるかのように過ごす人々。子供を安心して遊ばせられるスペースもある。さらに、セミナーやワークショップがあったり、ちょっと毎日のプラスになることもある。もちろん、商品やサービスから日々のヒントを得られる。

こうなってくると、自宅にリビングルームを持たなくても、テレビを持たなくても、こんなに素敵なリビングルームがあるなら、リビングは外にあればいいじゃないか!となる。私の研究所ではこれを「ソーシャルリビング」と呼んでいる。

 

そういえば、10年前くらいだろうか。10+1がまだ雑誌としてあったころのこと。どの号かは忘れてしまったが、住宅の機能が都市の中に埋め込まれたことで住宅の在り方が変わっていく、という論が載っていた。コンビニが冷蔵庫がわりになるし、ファーストフードやファミレスがダイニングで、スポーツジムやスパや漫画喫茶でシャワーも浴びれ…住宅の機能が外部化すれば、住宅は寝床くらいあればいいよね…というような話があった。(久しぶりに読みたかったので、目ぼしいキーワードで検索してみたものの、下記のURLくらいしかヒットしなかった…) 10年前には画期的なことを言うもんだ!と膝をうったが、それが現実化しているのだ。論説・新しい提案に、現実が追いつくのが早くなっているのではないか。10plus1.jp

 

 

ところで、今回、一番びっくりしたものは、下記。

f:id:shouhiblog:20180313232556j:plain

お願いされなくてもぶつけたくはないが、ぶつかっちゃうときはぶつかっちゃうのが人の常なのよ・・・

商業視察6 グランエミオ所沢

グランエミオ所沢の内覧会に行ってきた。

グランエミオ所沢

 

内容詳細については下記が詳しいので、そちらにゆずるとして…

news.mynavi.jp

 

このような商業施設についてよくある批判として、「どの地域でも同じような店(テナント)が並んでいる」というのを聞く。ただ、やはり地元の人は、ユニクロは欲しいし、スタバだって欲しい。この施設はそうした地元の人の声に応える施設だと感じた。つまりシティプロモーション型というよりは、地元密着で、商圏マネジメント型の施設なのでは。

f:id:shouhiblog:20180302003451j:plain

 

休憩スペースやイートインコーナー、トイレ空間が充実していた。(キッズトイレは幼稚園のトイレのようにかなりオープンになっていて、外から覗けるようになっていた。) こうした場がある種のコミュニティになると良いと思う。

f:id:shouhiblog:20180302003442j:plain f:id:shouhiblog:20180302003455j:plain

f:id:shouhiblog:20180302003502j:plain f:id:shouhiblog:20180302003459j:plain

 

他社の不動産開発関係の方が、自由通路などの調整の苦労に思いを寄せていたのが印象的だった。やはり空間、場、都市というのは、様々な調整、要請に縛られる。明治大学の市川宏雄先生が、都市をもっと可変で軽やかなもの、プロトタイピングできるものとすべく、プロジェクションマッピング等の活用を提言されていたが…現実は無情ですね。。。

f:id:shouhiblog:20180302003447j:plain

書籍 東浩紀/大山顕 『ショッピングモールから考える』から考える その1

「ゲンロン」(という東京・五反田にあるイベントスペース)で行われている対談が元になった書籍である。

genron-cafe.jp

 

対談が元だからライトな本なのだが、大変、様々な示唆にあふれた内容だった。(面白くて思わず、2度読みしてしまいましたよ!)(そして感想+αのこのブログも相当長くなってしまいました!)

 

まず、現代の「コミュニティ」について。

本書では、商店街の「顔が見える関係」が高齢者や障碍者にやさしいと言われる一方で、実は「子育て世代やニートにはキツい環境なのではないか」と指摘されている。私もこれにはまったく同意である。たとえば、イギリスではサードプレイスたるパブで仲間とコミュニケーションをとったりするようだが、日本ではお酒が入ったとしても、なかなか他人とコミュニケーションをとったりしない。というか、正確に言うと言語的なコミュニケーションをとらない。本書でも「われわれ日本人は、知らないひとといきなりしゃべるプロトコルというものを訓練されてない。」とあり、震災時に帰宅する長い道中ですら会話がなかったそうだ。ただし、私(職業は”研究者”)の研究から、会話するだけがコミュニケーションではないし、顔見知りだけがコミュニティとして捉えられているわけでは無いことがわかっている。実は、自分と似た者が近くに居るという、その状況だけでも「コミュニケーション」になるし「コミュニティ」になるのだ。どういうことか、OLを例にすると… OLは駅ビルのトイレやカフェに行くと、他のOL達を見て「私も貴女みたいになりたい」とか「あの人もカフェで読書して、私と同じね」といった声にならないコミュニケーションをし、同じような感性の人とコミュニティを形成しているようなのだ。おそらく、サラリーマンにはサラリーマンの、秋葉原のオタクにはオタクの、サードウェーブ系にはサードウェーブ系の、声にならないコミュニケーションと見えないコミュニティがそれぞれにあるのだ。「あぁ見知らぬあの人も頑張っている、私も頑張ろう」とか「私と似たような人が多いからかなんだか落ち着くわ~」という状態が、私たちシャイな日本人らしいコミュニティの一様相だと思う。

 

次に「開放性」について。

これも、ショッピングモール vs 商店街(または公園?)で。果たして商店街だけが公共的に開かれているのか?という議論なのだが… これは、大変に難しい問題だ。私達も最近「多様性」をテーマに識者等への取材&考察を行ったのだが、誰にでも開かれた場(行ける場)が誰にでも行きやすい場になっているかというと、そうでもなかったりするし。誰でも集まれる場が誰にでも居心地のいい場になっているかというと、そうでもない。みんなに開く、というのは相当難しい。本書でも「若者たちが昼間から酒を飲んで語りあっている、そういうオープンなところが高円寺の魅力だと言う。でもそれって、本当はかなり威圧的ですよね。ひげ面の三、四〇代の男たちが日本酒を片手に安倍政権を批判しているのが、果たしてオープンと言えるのか(笑)」「だれも管理しておらずホームレスも入れるようなアナーキーな空間のどちらが本当に開放的なのか、あるいはだれにとって開放的なのかという問題。」とある通り。誰かにとって開かれた場は誰かにとって居づらかったりする… OPEN Aの馬場さんも『公共空間のリノベーション』で「子どもを遊ばせるために近所の児童公園に行くと、そのベンチはホームレスに占拠され、隣の水飲み場では体を洗っている。僕ら家族は居場所がなく、占有者になんとなく気を遣いながら落ち着かない休日を過ごす。」と言っている。(余談ですが、1990年前半頃、私が小学生だったとき、公園は子供もホームレスも共存していました。隣のブランコに乗ってたりして。お菓子をくれたりして。「人にあげる前に、オジサン食べなよ!」ってツッコみましたが・笑 1度会話できると何のことはない、自然と共存できる場合もあるようです。) ショッピングモールは自動車もなければ、「悪い人」もいないし、エレベーター完備で通路も広く、小さい子連れの方が子どもを安心して遊ばせられる。ショッピングモールは、子連れ家族にとっては開かれた場という指摘はもっともなのである。(逆に、ファミリーで溢れるショッピングモールのフードコートで食事をする私はよくソワソワします。) 上記の「コミュニティ」と、「開放性」は密接に関わっている。誰かの「コミュニティ」をつくり「開放」したいなら、誰かに多少でも目をつぶってもらうことになるのかもしれない。単体の施設や場が、「ゲーテッドコミュニティのような伽藍の方に向かうのか、雑多で開かれたバザールの方に向かうのか」は本当に悩ましい。(ちなみに私どもの考察では、”雑多”を選ぶ場合には、最低限のルールを決めつつ、時間をかけて対話していく他ないよね~という結論に至りました。当たり前じゃん!普通じゃん!と言われそうですが…そうなんです…当たり前をやるしかなさそうなのです。)

 

3つ目に、「普遍性」について。

ショッピングモールは、世界中どこにいっても、似たような構造をしている。なので「世界中どんなモールに行っても、なんとなくトイレの位置がわかる」。そして、ドバイのモールは日本やシンガポールのモールと「入っているブランドは同じだし、内装のコンセプトも同じ。宗教や政治体制の違いなどまったく存在しないかのよう」という。考えてみると、キリスト教のアメリカと、仏教や神道の日本と、イスラム教のドバイで、ショッピングモールはどこもほぼ同じ、というのは指摘の通りものすごいことだと思う。異文化なのに、消費や体験の部分は共通してしまう。(大げさかつ呑気なことを言ってしまうと、ショッピングモールは世界平和につながる、ということなんでしょうか…)

 

ここまでまとめると、一般的に、いわゆる昔ながらの商店街が「善」で、ショッピングモールが「悪」という言われ方がされがちだったが、そうした一様な見方で良いのか?という投げかけであった。本書では、「コミュニティ / 開放性 / 普遍性」の新しい在り方、多様な在り方が考えられており、何らかの施設づくり、場づくりに携わる人が是非考えるべき視点が与えられていたと思う。(難しく書いてしまいましたが、行政の人とか、ショッピングセンター他の施設を開発している人とかが読んで、ヒントにされるとすごく良いと思います。)(あと、私の研究領域とまさに被っていたので、本当に面白く読みました。うん。)

 

あまりに長くなってきたので、ここまでを「その1」としてみたいと思います。(なんて…続きを誰に期待されているわけでも無いと思いますので、断る必要もないと思うのですが…一応…)